合志市より頭痛で来院!

今回は頭痛での来院がありました!ナオーレはもともと、頭痛・生理痛専門の整体院としてスタートしました!熊本の中でも頭痛の患者様を見た経験はトップクラスだと思います。今でこそ、様々な症状の方がご紹介で来院されますが、以前は毎日毎日10〜15人くらい頭痛の方ばかり見ていました!なので頭痛の改善には自信をもっておりますので、長年お悩みの方はナオーレにご相談ください。

頭痛の原因は?

まず考え方として、頭痛は病気ではありません。ナオーレでは頭痛は体が出す信号だと捉えています。頭痛がする時、それは体のどこかに異常がありますよ!という信号が出ていると考える事ができます!

 

頭痛があまりにも酷く、病院に行って様々な検査をしたけど、全く異常はなかった!そんな経験はありませんか?

 

これだけ痛いのにMRIやCTを撮って見たのに何も映らなくて痛み止めだけを処方された!そんな人も多いのではないでしょうか?

 

ここで考えなければいけないのは、病院が悪かったわけでもありません。そして体に異常が無いわけでもありません。実際に頭痛が出ているので、異常はあります。しかし病院では異常なし!

 

どういうこと??

わけがわからなくなってきましたね〜 笑笑

 

様は観ている場所や問題にしている質が違うのです。

 

病院は西洋医学に基づき医療を提供します。

西洋医学というのは形態異常を見つけてそれを治療するのが本質です。体の変形や外傷による怪我や骨の変形など、通常とは違う形態の異常を見つけて、そこを改善させます。その形態の異常を見つける為にレントゲンやCT、MRIなどの画像で検査を行うのです!

 

一方で東洋医学は?

機能異常を見つけて治療するのが東洋医学です。レントゲンなどの画像検索では異常なし!しかし形態は正常でも、本来の働きをしていなかったり、働きが弱くなっている!通常の機能通りに働いていない機能的な異常を見つけて治療を行います。

 

だから頭痛がして病院でもし異常が見つかった場合は形態の異常になりますから、そのままドクターの指示にしたがって病院で治療を受けられてください。

 

頭痛がするけど、病院では異常なし!そんな方は機能異常があるはずです。こんな場合はナオーレがお役に立ちます。

 

西洋医学が良いとか東洋医学が良いとか、どっちが優れているの?的な話をよく耳にしますが、そもそも見ている物が違うし問題にしている物も違います。

 

本来はこの二つの医学は対立するのではなく、協力するのが理想だと考えます。

 

ナオーレは西洋医学の国家資格を持ちながら、東洋医学も勉強しており、どちらの視点も持ち合わせていますので、見た結果、西洋医学で対応した方が良いと判断した場合は病院をお勧めしております。

 

まずはお気軽にご相談頂ければと思います。

頭痛の原因①

頭痛の原因は多岐にわたります。その中で普段見ている原因で多いいくつかを紹介したいと思います。

まず一つ目は

水不足です!

 

えっ?そんなこと?と思われる方も多いかもしれませんね!

しかしよく考えてください。人間の体の65%は水でできています。1日に必要な水の量は男性で約1.5リットル、女性で約1.2リットルと言われています。

 

実際にどれだけの人がこの量を飲まれているでしょうか?

 

ちなみに私も飲めていません!ナオーレに来院される方にお聞きしても、飲んでいると言われる方は100人中 1人いるかどうかです。

 

体を作っている水!これを飲まずに、原因はあれだ?これだ?言っても始まりません。ガソリンがない車と同じです。いくら整備しても、いくら最新のエンジンをつけてもガソリンがゼロであれば車は動きません。

 

体の不調が出た時はまず水を飲みましょう!

頭痛の原因②

二つ目は、、、、

 

咀嚼不足です!

 

これまたえっ?と思われた方も多いかもしれませんね。

 

ようは食事の時によく噛まずに飲み込んでいる事になります。

 

ナオーレに来院される方で咀嚼不足の人の割合は、、、、

 

100%です!

 

これは一口に30回はもちろん、20回以上噛んで食べていると言われる人は全くおられません。

 

ではなぜ咀嚼不足で頭痛になるのか? 

 

人間は噛む事で、固形物を細かくするだけではなく、噛む動作に比例して唾液が分泌されます。その唾液の中にアミラーゼという消化酵素が含まれています。

 

噛んで細かく砕かれた固形物は唾液に包まれて紹介されながら胃や腸へと運ばれます。すると胃腸にも負担はかからずに、正常の消化が行われます。

 

しかし噛まないと一つ一つの固形物は大きい形のまま、唾液も出ない為に消化も行われない状態で胃腸に運ばれ、胃腸はフル回転で働かなければ行けなくなります。加えて膵臓では大量のインシュリンが分泌されていき、それが長く続けば糖尿病のリスクも高くなってきます。

 

内臓が休まる時間がなく、フル回転な活動で、機能が徐々に弱っていき機能異常が出てきます。

 

すると内臓自体は自律神経に支配されていますので、自律神経の働きも弱くなり、頭痛を始めとした様々な症状が体にでる様になります。

 

内臓の機能異常!咀嚼不足から始まっているかもしれませんよ!

 

まずは複雑な治療をする前にしっかり咀嚼する事から始めましょう!

頭痛の原因③

頭痛の原因3つ目は、、、、

 

睡眠不足です!

 

またまたそんなことか!

 

落胆の声も聞こえて来そうですね。

 

これも重要な問題です。

 

体の不調を訴える方は睡眠の質が低い方が多いです!

人間は起きている時は交感神経が優位に働きます。寝ている時は逆に副交感神経が優位に働きます。この副交感神経が働く寝ている時に自律神経は回復して良い状態へとなります。

 

睡眠の質の低下はホンモンの分泌なども関係しています。日中にしっかり日の光を浴びると体内でセロトニンという物質が分泌されます。このホルモンが睡眠導入剤の役割を果たしており、このホルモンの分泌がうまくいかずに、眠れない!症状を訴える人は多いです。

 

室内でお仕事をしていて通勤も車!という人は何日も日の光を浴びていない!そんな方も多いと思います。するとセロトニンが分泌されず、睡眠の質が低下、副交感神経に切り替わらない、自律神経が乱れる、結果、頭痛などの症状が出やすくなる!こんな感じでどんどん不調になっていきます!

 

 

頭痛の改善は身近な事から始める!

頭痛の原因はこれまで書いた通り、些細な日常生活の積み重ねの中にある事が多いです。

 

どんなに聞く薬を飲むよりも、世界一のドクターに見てもらうよりも、日本一の整体に通うよりも頭痛の改善には日常生活の見直しに勝るものはありません!

 

まずはどれか一つでも自分に出来る事から始めてください。

 

ちなみに今回来院の頭痛の方はら咀嚼不足と水不足でした!

 

また出来るだけ短期間で改善したい場合はナオーレにご相談頂ければ、最大のサポートを致します。

 

皆様のご来院をお待ちしております。