『ギックリ腰』での来院が急増

CF91E544-7918-4064-8C80-F0F582547807

令和元年12月11日

 

ここ最近、ぎっくり腰での来院が急増しています。この10日間で7人ほど、ギックリ腰で来院されました!ギックリ腰の方はよく来院はされるのですが、こんなにハイペースで短期間での来院は記憶にありません。

 

熊本もこの10日間ほどで急に気温が下がり、冬模様になったのは確かですが、、、それだけで、ぎっくり腰になる事はありません。

 

人間は本来、恒常性維持機能というものが備わっています。よくホメオスパシスとかも言ったりします。要は生命維持の為に、普段の状態を一定に保つという機能です。

 

この機能がある為に、人は血圧や脈拍、体温などが、ほぼ一定に保たれています。また人は反対に環境が変わった時に勝手に体を調整してその環境に合う様にしてくれる機能も備わっています。だから人は順応性があり、ある程度であればどんな環境でも生きていけます。

 

沖縄みたいに暑い所から北海道みたいに寒い所まで、人が住めるのは順応する力が人に備わっているからです。

 

こう考えると、急に寒くなったからといって急にギックリ腰になったりは通常はしません。

 

しかし寒くなって、ギックリ腰が急増した現実があります。

 

それだけ、お体が弱っている!もしくはそれに気付いていない方が多いからだと思います

 

ギックリ腰で来院された方の9割くらいの方が共通して言われる言葉があります。

 

朝はなんともなかった!昨日までは何ともなかった!普段腰痛もない!

そして必ずこの後に出てくる言葉は『急になった!

 

そんなはずありません(笑)

 

急にギックリ腰にはなりません。

 

更にギックリ腰になった瞬間の動作は皆さん何気ない動作でなると良く言われます。

 

くしゃみをした瞬間、振り向いた瞬間、物を拾おうとした瞬間

 

こんな時に皆様ギックリ腰になられています。

 

もう一度冷静に考えてくださいね。

 

昨日までは何ともなかった!朝まで何ともなかった!普段は腰痛は感じない!

 

そんな何ともない方が、くしゃみをしただけで、物を拾おうとしただけで、ぎっくり腰になると思います⁉️

 

もしなるなら、世界中の人はみんなギックリ腰になります。世の中何億という人が毎日ギックリ腰になってしまいます。

 

それだけ感覚が麻痺している方が増えてきているという事です。毎日忙しく過ごしているがために、お体の声が聞こえていないのです。ご自身の体が限界に近づいている事に気づけていないのです。

 

くしゃみをしただけで、腰に激痛が走るくらい体が我慢の限界にきているのです。

 

ギックリ腰になった時はご自身のお体と向き合うチャンスです。もしもギックリ腰になった際は、しっかりとお体と向き合い、お身体をご自愛される事をオススメいたします。

 

またギックリ腰はよく繰り返す!と皆様おっしゃいます!

 

結論から言いますと繰り返しません!

 

ギックリ腰は激しい痛みが出ます。お身体を調整すると、痛みが引くのも早いです。しかし皆様に知って頂きたいのは、

 

痛みが無くなる=治る

 

ではありません。痛みがなくなっても傷ついたお体の修復には時間が掛かります。痛みが無くなった後も、お体は修復作業を続けています。

 

ギックリ腰は急になったと思われているから、痛みがなくなった途端に治ったと思い、普段とおりの生活を続けていくと、ギックリ腰を繰り返すのです。

 

何回も書いていますが、急にはなりません。長年のダメージの蓄積の結果なります。よってその機会にしっかりお身体を見つめ直す!そうすると繰り返しません。

 

もう少し皆様にご自身のお体を見つめ治してもらいたく、長々と書いてしまいましたが、ぎっくり腰は、お体が限界に来ているのを教えてくれるサインです。さらにお体やそれまでの生活を見つめ直すチャンスです。

 

辛いギックリ腰!痛みが引いたからいいや!ではなく、しっかりと改善されてくださいねー

 

 

ギックリ腰はもちろん、長年の腰痛など何でもお気軽にナオーレにご相談ください。

 

ギックリ腰についての詳しい情報はこちらをご覧ください。