菊池郡大津から脊柱管狭窄症で来院

熊本県菊池郡で脊柱管狭窄症でお悩みなら合志市須屋の整体院

からだメンテナオーレにお任せ!

脊柱管狭窄症でお悩み!

先日、菊池郡大津町から脊柱管狭窄症でお悩みの方がナオーレに来院されました!

わざわざナオーレまで足を運び頂きありがとうございます。

症状としてはすでに病院から診断を受けておられ脊柱管狭窄症の診断がついておられました。1番狭窄している部位は腰椎の4番と5番の部分ということで、それを念頭に置いて検査を行って行ったのですが、体に出ている症状もほぼ一致した状態でした。

病院では今の状態では手術をしてもしなくても、どちらでも良いというような少し曖昧な話だったそうです。

要はご本人の痛みや痺れの感じ方が強ければ手術も選択肢に入れてもいいのではないかと言う提案だったみたいです。

そこで家族と話をされた結果、少し様子を見ようとなり、どこか整体などで見てもらうという事になりネットで検索していならナオーレのホームページが気になりお問い合わせ後に来院となりました!

問診

まず、普段の状態を聞かせて頂くと、調子が良い時と、悪い時の差が激しいとおっしゃいました!

調子が良い時は自分が脊柱管狭窄症なのを忘れるくらいの時もたまにあると言うことで、温泉に入った後などはかなり調子が良くなるみたいでした!

この話を聞いて私の中では、これは改善する可能性があるかも⁉︎と少し明るい材料!

更に出来るだけ手術は避けたいとのことで、これまで運動などはしてこなかったが、真剣に取り組む意志も感じられました!

これまた明るい材料!

この本人の意志というものは症状を改善する時には大きなウエートをしめます。

腰痛などを改善するにはもちろん私も全力を尽くしますが、施術者の力だけで全てを治せるわけではありません。必ずご本人のご協力が必要となり、皆様とナオーレの共同作業で症状に立ち向かうわけです。

そういった意味で今回のクライアント様は本気度が高いものがありました!

実際の状態は⁈

まずは体がメチャメチャ硬い状態でした!

腰部に限らず身体中がガチガチです。

そして脊柱管狭窄症の典型的な姿勢になっており腰部を少し前屈させた状態で背筋を伸ばせない状態でした!もちろん背筋を伸ばそうとすると痛みが強くなるのも見てとれました!

痺れは膝からスネのあたりにかけてあり足部は全く痺れがない状態で、大体はご本人が病院で受けた検査結果と一致します。

立位の時も座位の時も、常に腰部の緊張は高いままで、試しに力を抜くように指示すると力の抜き方がわからないとの返答が!

更に治療をする為にベットに仰向けで寝てもらうと、寝るだけで痛みがでる状態でした!

実際に治療

まずは座った状態でスタート!

ベットに寝ると痛みが出る状態でしたので、そういう時はナオーレでは痛い状態での無理矢理な治療はおこないません。

座っている方が楽であるとの事から座っておこないました!

最初に行うのは背骨の全体的な軸調整!

クライアント様自身に私が支持をしながらある方向に動いてもらいます。

その動きを3回行った後に歩いてもらうと!クライアント様からかなり楽に歩けます!との言葉が!少しビックリされた表情をみて、してやったりの私(笑)

その後もう一度仰向けに寝て頂くと普通に寝れて、ここで2度目の驚き!

そこからは、筋膜、筋肉、もちろん関節も様々なアプローチを行ったのですが、今回のクライアント様で1番時間をかけたことは、内臓の調整です!

姿勢から始めの段階で予測は立っていたのですが、大腸と小腸、さらに肝臓!この三部位はかなら状態が落ちており、おそらくこれも影響してかなり血流がわるくなっていました!

そこで内臓に遠隔的にアプローチしてお腹を触るとクライアント様から痛みがなくなったとの声が!(圧迫した時の内臓の痛み)

その後、血流を促す調整をして腰部を動かしてもらうと、かなら楽になりましたとの声が!

今回のクライアント様は脊柱管狭窄症の為に痛みから体を逃がす為に常時体を前かがみにしておられ、その為に内臓の位置までも正しい位置から外れていました!

もちろんこれで脊柱管狭窄症が完治するわけではありませんが、まずは痛みを減らすこと!体の柔軟性をあげること!体全体のアライメントを改善すること!

これを念頭に置いて調整をおこないました!

手術をするわけではないので、狭窄部位を変える事はできません。

しかし今回の様に、違う要素を改善していくと、腰の痛みが無くなる事は多くあります。

脊柱管狭窄症など、腰痛でお悩みの皆様、諦めるのはいつでもできます。

是非ナオーレの施術を試してみてください。

脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

脊柱管狭窄症