スタッフ紹介

院長 山口 洋平

院長  山口 洋平

生年月日
1977年10月6日生まれ(40歳)
出身
熊本県熊本市
資格
理学療法士 ガス溶接 アーク溶接 コールドチャンバーダイカスト 機械保全 危険物取扱者 サッカー指導者などその他色々
趣味
磯釣り サッカー 海外旅行

挨拶

院長の山口洋平と言います。昨年忘れもしない熊本地震の日に熊本市武蔵ヶ丘に熊本初の頭痛・生理痛専門とした整体院をオープンしました。

地震からのスタートとなり本当にどん底からの始まりで苦しい日々が続きましたが、沢山の皆様に助けられここまでやって参りました。

私自身は長年腰痛に悩まされ様々な整体・整骨院に通っていました。その中で私自身も感じてたのが、調整してもらってすぐは調子がいいけど、なぜまた元に戻って痛みが出るんだろう?

と言うことでした。

自分が体の勉強をして解ったことは、人間は痛みが出る随分前から体が歪んでいる!ということで、その歪みは生活習慣から来ている!

ということです。

であれば抜本的に体を変えるには生活習慣から改善しなければならない!

その為には普段から皆様にエクササイズをして頂く必要がある!

そう思い、平成29年9月、合志市須屋に移転するのを気に、生活習慣を改善することで体の歪みを取り抜本的改善を図る

施術とエクササイズを融合した新スタイルの整体へと進化させました。

最近ではありがたいことにご紹介で腰痛・膝痛・顎関節症・五十肩など様々な症状の皆様が来院して頂けるようになり、屋号もからだの歪み専門 からだメンテナオーレとしたことで、これまで以上に様々な症状で苦しむ皆様のお役に少しでも立てるように日々頑張って参ります。

 

幼少期

幼少期

私は幼少時代からサッカーをしていました。 

実力はというと・・・そこそこです(笑)
かなりの弱小チームでなんとかレギュラーくらいですので想像は難しくないと思います(笑)

テクニックはまぁまぁでしたが、
私は3歳の時より喘息を患っており、運動をすると喘息の発作が毎回起きるほど症状は重く、常に発作止めの薬が手放せず、時には入院することもしばしばありました。

そんな中でもサッカーを続けたのは当時大流行していた漫画、キャプテン翼の影響でした(笑)

この漫画に出てくる私が1番大好きだったキャラクターが心臓病を抱えており、その病気を抱えながらも大好きなサッカーに打ち込む姿に影響され私も病気に負けたくないとサッカーを何とか頑張っていました。
(漫画に影響される単純な奴です 笑 )

サッカーで大怪我!

サッカーで大怪我!

 病気に負けず学生時代サッカーを続けていたのですが、その中で1度大怪我をしました。

(私にとっては大怪我)  
 
中学時代の話です。試合中に当時ディフェンスをしていた私は相手のパスをカットし、そのままドリブルで駆け上がり敵の陣地に入っていき、あとはシュートを決めるだけだぁ~!
自分に酔いしれていた矢先に後ろから引っ掛けられ手を突き転倒!!
結果、前腕の骨(橈骨・尺骨)を2本とも骨折しました。
その後手術を行うことになり手術したのですが、うまく骨が繋がらず1度人工的に切断し、骨と骨の間に自分の腰から骨を削り取り移植するという骨移植の再手術を行い最終的には3回も手術しました。
その時のリハビリで初めて理学療法士という職業を知り、自分もこんな仕事をしたいなぁ〜
と漠然とですが思うようになりました。
 
ちなみにその怪我をしたときに私が獲得した
PKは見事にチームメートが外し試合も負けました!(笑)

高校進学!

高校進学!

 中学生の時、理学療法士にお世話になり、憧れを抱くようになった私は将来、理学療法士になりたいという気持ちでいっぱいになったのですが、私が育った家庭はお世辞にも裕福な家庭ではなく (むしろ超貧乏) 


そのため大学や専門学校に通うことは現実的に難しく、泣く泣く断念しました。 
 
そこで高校卒業と同時に働かなければならないという思いから高校進学では夢よりも就職という現実だけを考えて、全く興味がなかった工業高校に進学しました。
 
好きでもない!興味もない!目標もない!そんな選択をしたものですから、全く面白くない高校時代でした (笑)

(しかし同じクラスにはプロフィール写真にも一緒しに写っている、今も現役でプロ野球で活躍する某選手や、同じく今も現役で活躍する競輪のトップ選手などのちに有名人になる人が多くいました。)

高校卒業後すぐに就職

高校卒業後すぐに就職

 高校を卒業した後は工業高校からの流れで

製造業に就職しました。 
 
それなりに大きな会社に就職することが出来たお陰で、給料・ボーナスはそれなりに満足出来るほど良く、貧乏な家庭で育った私は人生で初めて自分の自由にできるお金を手にし、これまで我慢していたうっぷんを晴らすように毎日お金を使いまくり、給料日から数日で全て使い果たすこともしばしばで、豪遊していました(笑) 
 
この時に今も趣味として続けている魚釣りも覚えました。最初は遊ぶことが毎日楽しく何も考えていませんでしたが、好きでもない仕事についたものですから徐々に仕事にやり甲斐を持つことも出来ず、つまらない漠然とした毎日に変わっていきました。

新たな形でサッカーとの再会!

新たな形でサッカーとの再会!

漠然とし、つまらない毎日を過ごしていた時、少年サッカーチームで指導者を募集しているというチラシを目にしました! 

自分の中で思わずコレだ!と叫びました。

(自分の中のリトル山口が言っていました 笑笑)
持病の喘息で思うように大好きなサッカーができず不完全燃焼であった私!
就職の為と行きなくなかった高校を選んだ私!
好きでもない職業を選んだ私!
もう1度自分の好きな環境に身を置きたいと指導者の道に入りました。子供たちと全国に行こう!を合言葉に過ごす熱い毎日は本当に充実した日々でした。
今でもたまにあの頃に帰りたくなります。

(結果、全国は程遠いチームでしたが 笑 )

 

自分さがしの旅

自分さがしの旅

 サッカーの指導者となり充実した日々を過ごしていたのですが、ふと冷静に周囲を見てみると周りの指導者は学校の教員であったり、自ら独立しサッカーの指導者を本業とした方などが多く、

そういった方々と比べると、私みたいに仕事をしながらサッカーの指導者をするという2足の草鞋をはいた状態はどこか中途半端な感はぬぐえませんでした。 

サッカーの指導には全力を尽くしていたのですが、徐々に色々な感情が芽生えてきました。

好きでもない仕事に対する不満をサッカーの指導者をすることでごまかしているだけではないか? そんな自分を誤魔化しているような人間が子供たちの前に立っていいのか? 

などなど大好きな子供たちとの関係が深くなればなるほど、このような自問自答を繰り返していました。


そこで足掛け十年ほど指導者をしたのち指導者を辞め自分探しの旅に出ることになります!

(これまた某サッカー選手の受け売りです 笑)

色々な所に旅をする事で本当に自分が進みたい道は何なのか?自分を見つめ直しました。

東京にて

東京にて

教え子全国大会応援を兼ねて1度行って見たかった国立競技場に観戦にいきました!できれば自分自身もこのピッチに立って見たかったです。

屋久島にて

屋久島にて

世界遺産屋久島へ  1度どうしても見てみたかった屋久杉を見にバイクにて1人旅!  だがしか〜し! 台風が来てしまい3日間、宿舎で過ごす羽目に(^_^;)  いつか必ずリベンジします!  でもでも初めて泊まったゲストハウスは色んな人がいて沢山の出会いがありました! 3日間ゲームしたり毎晩飲み会したりそれはそれで楽しい旅になりました。

沖縄にて

沖縄にて

いつか行って見たかった沖縄! 素敵でした!友達とも再会でき楽しい旅でした!美ら海水族館のスケールの大きさに圧倒されました!今度は沖縄の様々な離島にも行ってみたいですね〜  今も店に飾っているシーサーも購入しました!ずっとナオーレを守ってくれています。